肌周期(ターンオーバー)を知ればにきびは予防できる

私たち人間の肌・皮膚や一定の間隔で古い肌がはがれ落ち新しい肌が生まれています。それを肌周期又はターンオーバーと呼びます。

肌のターンオーバーを正しく知る事で、ニキビを防ぐ事が出来ますし、効果的な治療に取り組めます。

まずは、ターンオーバーについてお話しますね。

ターンオーバーとは、肌の新陳代謝の事。

肌は、表皮・真皮・皮下組織から成り立っており、更に基底層、有棘層、顆粒層、角質層の4つの層に分かれています。

基底層で生まれた古い細胞が、段々と表面に押し上げられて、最後は垢となり、自然に剥がれ落ちる仕組みになっているのです。

このターンオーバーのお陰で、綺麗な肌が保たれているのですね。

そしてターンオーバーは、大体28日周期を目安に行われます。

肌の部位によっても異なりますが、約1ヶ月で新しい肌へと生まれ変わるのです。

ニキビや日焼け跡が薄くなってくるのも、このターンオーバーのお陰です。

私達の肌は、新陳代謝により、毎日新しい肌へと生まれ変わっているのですね。

しかし、このターンオーバーが正常に行われていないと、肌荒れや、なかなか治らない大人ニキビの原因にもなってしまうのです。

ニキビ治療はあきらめずケアを続けることが最も大切

肌のターンオーバーが乱れると、ニキビが出来やすく、治りづらい肌になってしまいます。

これは、古くなった角質が、剥がれ落ちずに肌にとどまり、皮脂と混ざって毛穴を塞いでしまう為です。

そして、ターンオーバーは決まった周期である為、早すぎても遅すぎても、ニキビなどの肌トラブルを起こしやすいのです。

ターンオーバーの周期は、大体28日と言われていますが、実は年齢を重ねるごとに長くなってくるのです。

40代では、健康な人で40日かかるとも言われています。

だから、年を重ねるごとに、大人ニキビなどのトラブルが出やすいのですね。

また、古い角質が剥がれないからと言って、無理にピーリングで落としてしまう事は禁物です。

肌周期の乱れに拍車をかける事になってしまいます。

ターンオーバーを把握するのは、不可能に近い事ですが、今までよりも肌の調子が悪いな、と思い始めたら、肌周期が乱れている証拠。

正しいスキンケアと、正しい生活習慣を取り入れる事で、次第に肌周期も戻ってきます。

肌周期が戻る事で、大人ニキビを防ぐ事が出来るのです。