大人ニキビと思春期のニキビの違いとは?

同じニキビでも、大人になってから出来るニキビと思春期に出来るニキビでは、できる場所や原因もそれぞれ異なるのです。

まず、ニキビの発生するポイントから説明しますね。

思春期のニキビは、Tゾーンや頬など、皮脂の多い場所に出来やすいのですが、大人のニキビは、眉間やこめかみ、あごなど、皮脂が少ない場所にも発生しやすいのです。

思春期のニキビの原因は、過剰な皮脂分泌にあります。

皮脂が原因で毛穴を詰まらせる事により、雑菌が繁殖してしまい、にっくきニキビとなるのです。

逆に、大人ニキビは、乾燥やメイク、ストレスなどが原因です。

間違ったスキンケア方も、ニキビを招いてしまう原因になるんです。

ストレスや間違ったケア方で、肌は硬くなってしまいます。

その為、新陳代謝が鈍り、毛穴に汚れが溜まりやすくなり、余分な皮脂が毛穴に溜まってしまい、ニキビが出来るのです。

思春期ニキビと大人ニキビ、同じニキビでも、全く違うニキビの種類なんですね。

なので、ケア方法も全く異なってくる、という事です。

大人ニキビの詳しい特徴を知ることで正しい治し方がわかる

大人ニキビの特徴は、口元やあごの周辺などに出来やすく、思春期のニキビに比べて治りにくいとされています。

特に20代を過ぎた女性に多く見られます。

この20歳以降に見られる「大人ニキビ」には、数々の特徴があります。

思春期ニキビは、春から夏にかけて、多く発症しますが、大人ニキビの発症には、季節は関係ありません

思春期ニキビは、過剰な皮脂分泌が原因に対して、大人ニキビはストレスや肌の角化などが挙げられています。

また、思春期ニキビは肌表面は皮脂によりベタついていますが、大人ニキビは真逆で、肌が乾燥状態にあり、カサついてます

大人のニキビは、思春期ニキビに比べて個人差もありますが、原因についてはやや複雑です。

口元やアゴ周りなどにニキビが繰り返し出来たり、1個づつぽつぽつと出来る様になったりしてませんか?

生理前など、体調の変化でも出来やすいのが、大人ニキビの特徴でもあります。

普段の食生活などが乱れていたり、ニキビの治りが、思ったよりも遅い様であれば、その症状は大人ニキビの特徴と思って頂いても良いでしょう。