絶対にしてはいけないにきびケアはコレ!

ニキビをきちんと治すために、絶対してはいけない事は、出来たニキビをむやみに触ったり、潰したりする事です。

ニキビが出来ると気になってしまい、ついつい無意識に触ってしまいますが、ここは我慢。

ニキビは肌の炎症なので、触ると余計に雑菌が繁殖し、ニキビ跡の原因にもなあるのです。

ニキビは赤いニキビだけではなく、白いニキビや黒いニキビもあります。

この白ニキビや黒ニキビが、炎症を起こすと赤く晴れ上がるのですが、ニキビだと思わずに手で潰してしまう人も多いです。

例えば、毛穴パック。

鼻やアゴの白い角質を取るのに、今は一般的ですが、ニキビの事を考えると、あまりお勧めは出来ません。

一見綺麗になった様に見えますが、素人が下手にやると剥がす時に肌を傷つけてしまうのです。

その為、角質が取れた毛穴に雑菌が入り込んで、赤く炎症してしまう事も…。

他には、無理なピーリングや、洗顔のし過ぎも、ニキビの悪化に繋がります。

週に何度もピーリングをしたり、皮脂が多いからと言って、何度も洗顔するのはもってのほか!

熱すぎるお湯で洗うのも肌を痛めることになるので絶対にしてはいけません。

多くの人がハマるニキビケアで陥りやすい罠

ニキビケアで陥りやすい注意しなければならない罠は、スキンケア法です。

確かに、ニキビ専用のケア商品は、通常の化粧品よりも、お肌に優しい成分で作られています。

ですが、実は○○専用化粧水、などの商品は効果があるのですが、それだけではあまり意味がないのです。

根本的な治療や予防に大切なのは、食生活や生活態度を改めて、体の中から改善していく事

いくら外側から栄養を補給しても、吸収される栄養素は微々たるものなんです。

良いモノばかりを食べ過ぎてしまうと、人間の体も悪影響がありますよね。

肌も同じく、贅沢させてしまうと、怠けてしまうのです。

私達の体やお肌は、自己再生能力があります。

一番大切なのは、この自己再生能力を邪魔しない事だったのです。

私も、大人になってから、アンチエイジングや美白などに踊らされ、良い化粧品ばかりを使ってしまった結果…、加齢もありますが、肌の怠けは更に老化やトラブルを引き起こしてしまうのです。

ニキビに良いからとアレコレとスキンケアをするのでは無く、人間の健康維持の基本である「保湿、正しい洗顔、規則正しい生活」を心がける事が一番大切なのです。

ニキビ対策専用の化粧水、薬用ジェル、石けんなどを使うのは体の内側を綺麗にして始めて本当の効果が出るのです。