胃腸の不調がニキビに与える影響とは?

実は、胃腸の調子が悪い時にも、ニキビや肌荒れが起きるのです。

ニキビは過剰な皮脂分泌により、毛穴が塞がれて引き起こされるので、胃腸不良が必ずしもニキビを引き起こす訳ではありません。

しかし、場合によってはニキビの原因にもなります。

胃腸が消化不良を起こしてしまうと、消化吸収の働きが鈍り、代謝が低下してしまいます。

この代謝の低下が、肌荒れやニキビに繋がるのです。

代謝が悪くなると、肌のターンオーバーも鈍り、肌に汚れや皮脂が溜まりやすくなる為です。

更に、暴飲暴食などで栄養が偏ってしまうと、腸内環境が悪化し、ニキビの原因となってしまう事も。

これは、腸内細菌のバランスが崩れて、ビタミンが生産がされなくなってしまい、ビタミン不足に陥るのが原因なのです。

また、胃腸は自律神経とも密接な関係があるんです。

胃腸の調子が崩れると、自律神経も乱れてしまいます。

自律神経は、免疫を維持する大切な働きがあるので、結果的にニキビの原因となってしまうのです。

胃腸の不調を整えるとニキビを予防できる

胃腸の不調は、大人ニキビの原因にもなる事が分かりました。

胃腸不良を起こす事により、消化不良を招き、代謝を低下させてしまう為、ニキビの原因になってしまうのです。

では、胃腸を健やかに保つためには、どの様な事に気をつければ良いのでしょう?

胃腸は、ストレスなどにとても弱く、ストレスを感じると、胃腸本来の働きが低下してしまいます。

胃腸を健やかに保つ為にも、ストレスや無理などは禁物。

ストレスを感じたら、軽く運動したり、半身浴などで、汗を流す事が効果的です。

他にも、暴飲暴食や、アルコールの摂りすぎも原因です。

食べ過ぎや飲みすぎは、胃腸に大きな負担をかけます。ニキビに良い食事や悪い食事を知っておく事が大切です。

特に、寝る前の食事やアルコールは絶対に避けて下さい。

睡眠にも影響が出て、ニキビの悪化にも繋がってしまいます。

規則正しい生活を送る事で、体にかかるストレスはかなり軽減されます。

食生活や生活習慣に気をつけながら、上手にストレスを発散する事が、胃腸を健康に保つ秘訣なのです。