皮脂がニキビの原因に?多くの人が正しい洗顔法を知りません。

汚れが毛穴に詰まる事でニキビとなる、と思われがちですが、実際は少し違うのです。

正しいスキンケア法で汚れを落としていても、ニキビが出来る事はありませんか?

そのニキビの原因は、皮脂に問題があったのです。

皮脂と汚れが混ざると、毛穴に詰まり酸化し、ニキビの元となる白ニキビ・黒ニキビが出来ます。

汚れに皮脂が混ざる事により、アクネ菌が反応し、ニキビが出来やすくなるんですね。

思春期ニキビの原因も、過剰な皮脂分泌が原因でした。

では、皮脂を取り去れば問題は解決するのでしょうか?

答えは、「NO」です。

皮脂が原因のニキビでも、過剰に皮脂を取り去ってしまうと、更なるニキビの悪化に繋がるのです。

もちろん、過剰な皮脂の分泌は、ニキビを促します。

だからと言って、化粧水だけでクリームをつけなかったり、皮脂を全て取り去ってしまう様な洗顔法は、逆効果です。

皮脂が原因によるニキビ肌の多くは、乾燥肌が原因だったんです。

皮脂が多く分泌されていると、オイリー肌となりニキビが出来やすくなると思われる人も沢山居ますが、実は間違った見解だったのです。

皮脂が原因のニキビ対策と治し方

皮脂が過剰に分泌してしまう原因は、皮脂を必要以上に取り去ってしまう事にあります。

肌がベタつくからと言って、洗顔でゴシゴシ洗っていませんか?

洗顔後の肌で理想的なのが、多少つっぱる程度。

ですが、皮脂が過剰に分泌してしまっている人は、洗顔後、粉が吹いた様にカサカサしてしまっています。

これでは、肌の水分も逃げてしまいます。

ベタつきが気になるからと、余計に皮脂を落とす事は避けて下さい。

皮脂は、自然の保湿クリームの役割をしており、乾燥や雑菌から肌を守ってくれているのです。

水分が蒸発するのも防いでくれるんですよ。

ベタつくからと言って、皮脂を取り去り保湿を怠ると、水分だけが蒸発し、皮脂だけを分泌させる結果に。

これが、皮脂が原因で出来る大人ニキビの実態なのです。

いくら肌がベタついたとしても、大切なのは保湿です。

正しい洗顔方法と、しっかり保湿をする事。

これが、皮脂が原因のニキビを作らない、効果的な方法だと言えます。