大人のニキビと食生活には深い関係があります。

ニキビと食事の関係は、とても深い関わりにあります。

不規則で乱れた食生活を送る事は、栄養バランスを崩し、様々なトラブルに繋がります。

特に、糖分や脂肪分が多い食事は避けた方が良いでしょう。

チョコレートやお肉など、脂っこい食事の中には、糖分や脂質が多く含まれています。

この糖分や脂質が、ホルモンに影響を与え、皮脂を過剰に分泌させてしまうのです。

かと言って、全く食べてはいけない、という訳ではありません。

糖分も脂質も、生きていく上で、必要な栄養素。

摂り過ぎなければ、ニキビの原因になるとは考えにくいのです。

それよりも大切な事は、ニキビが出来にくくなる栄養素を、積極的に摂取する事。

ニキビの原因は様々ですが、新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーが正常に働かない事も、ニキビの大きな原因の一つ。

新陳代謝を促し、ターンオーバーを正常化させる栄養素を、積極的に摂取しているか、がニキビ予防の大きな鍵なのです。

ニキビに良い食事と悪い食事

ニキビに悩まされない為に、特に摂取して欲しいのがビタミンA、B2、B6、亜鉛などが含まれている食品です。

●ビタミンAの主な食品
ほうれん草、さつまいも、にんじん、ブロッコリーなど
●ビタミンB2の主な食品
レバー、チーズ、納豆、たまごなど
●ビタミンB6の主な食品
いわし、キャベツ、玄米、マグロなど
●亜鉛の主な食品
チーズ、牡蠣、ささみなど

これらの食品は、皮膚の新陳代謝を促す大切な栄養素。

このビタミンAやB郡が不足してしまうと、肌荒れの原因にもなります。

お菓子やジュース、白米や麺類などの糖質や、揚げ物などの脂質は、多く摂りすぎると、皮脂の過剰分泌を促します。

血糖値を上げる事で、皮脂が多く分泌してしまうのです。

糖質や脂質の摂取量に気をつけながら、血糖値をあげにくい食品を摂取する事が大切です。

実際に、野菜や海藻、玄米などの食事に切り替えた所、みるみるうちにニキビが良くなった、という例もあります。

血糖値を上げないための良い食べ物や悪い食べ物などの食事メニューは糖尿病の食事療法が非常に参考になります。

もしかしたら、今出来ているニキビは、栄養が偏っているサインなのかもしれません。