ニキビ跡を消すためには専門医に相談

やはり皮膚科、美容医療、エステなどのニキビ専門医での治療は、ニキビ治療やニキビ跡を消すためにはとっても効果的。

ニキビ跡も無く、早く綺麗に治るのが特徴です。

まずは、皮膚科でのニキビ治療について、お話しましょう。

皮膚科での主な治療は、カウンセリングと薬物療法です。

塗り薬や飲み薬の治療や、器具を使用した治療が主流です。

一般的に使用されている塗り薬は、毛穴の詰まりを取り除く外用レチノイドという塗り薬です。

他には、ミノマイシンなどの抗生物質が含まれる抗菌薬や、詰まった角質をはがすイオウ製剤などが主流です。

専用の器具を使い、毛穴のつまりや角質などを取り除く治療もあります。

保険適応外ではありますが、ケミカルピーリングも、皮膚科で行なっている所もありますよ。

ケミカルピーリングは、ターンオーバーが鈍って剥がれ落ない古い角質を、優しく取り除いてくれます。

自分でピーリングを行うよりも、肌にもダメージが少なく、ニキビも早く治るので、皮膚科での定期的なピーリングはお勧めです。

漢方薬を取り扱っている皮膚科もありますので、気になる病院があれば、一度受診してみるのがお勧めです。

ニキビ治療に効果のある美容治療(エステ)

最近では、美容外科にも皮膚科が新設されたり、美容皮膚科のみの新設も増えてきました。

美容治療は、保険外の治療が多いので多少値は張りますが、即効性を期待する人にとっては、とても効果のある治療も多いです。

器具を使用する治療も多いのですが、私がお勧めするのは、ポラリスやフォトフェイシェルなどの、照射系光治療です。

ニキビを治療するだけではなく、肌細胞そのものを活性化させ、綺麗な肌を取り戻す治療でもあります。

これは、肌のターンオーバーに合わせた治療になるので、効果が現れるのは、早くて1ヶ月後。

早い人では1、2週間でニキビが改善したり、シミがかさぶたとなって剥がれ落ちたりするそうです。

美容皮膚科の看護師さん曰く、良い化粧品を使用しても、実は肌にはあまり関係ない、のだそう。

安い化粧品でも自分に合った化粧品を使う事と、肌内部の細胞を健やかに保つ事が、綺麗な肌を保つ秘訣なのだそう。

ビタミンC導入やニキビ治療用の飲み薬などもあり、どれも医療用なので、効果が出るのも早いですよ。