お尻のニキビができる原因とは?

お尻のニキビに、悩まされた事はありませんか?

私も何度かあるのですが、お尻のニキビは痛いんですよね…。

お尻にニキビが出来る原因は、顔に出来るニキビの原因と、ほぼ同じ理由です。

特にお尻は、服や下着で外部の刺激から守られていますが、皮脂量や水分量が圧倒的に少ない部位です。

また、皮脂や水分量が少ないのもお尻の特徴であり、その為に新陳代謝もあまり活発ではありません。

お尻の角質は、座ったり、服の摩擦などの刺激を受けやすく、肌を守る為に角質が厚くなりやすい場所です。

刺激で厚くなった角質が、剥がれ落ちにくくなり、やがて毛穴に詰まってしまい、お尻のニキビになってしまうのです。

よく、お尻の座る部分にニキビができませんか?

これは、摩擦からお肌を守る為に、角質が厚くなってしまったせいなのです。

次に挙げられる原因が、衛生状態です。

お尻は、下着に守られていますが、蒸れたりすると、衛生的であるとは言えなくなります。

蒸れたり汗をかくと、皮脂が分泌され、毛穴を詰まらせる原因にもなるのです。

お尻ニキビの予防法と治し方

お尻ニキビの予防法は、

  • なるべく清潔に保つ事
  • なるべく刺激を与えないようにする事

この2つがキーポイントになるます。

また、出来てしまったお尻ニキビの治し方としては、

  • ピーリング剤入りのボディソープを使用する
  • ボディ用化粧水で保湿をし、温めて新陳代謝を促す

事が効果的であります。

座ったり、下着の摩擦により強い刺激を受けると、肌を守る為に硬くなってしまうのです。

水分量も少なく、新陳代謝も悪いので、古い角質が溜まりやすいのです。

更にお尻は場所的にも蒸れやすい場所ですから、蒸れて皮脂が分泌される事により、毛穴が詰まり、ニキビになります。

下着は綿の素材が、風通しも良く清潔に保つ事が出来ます。

外部からの刺激には、座布団を引いたりなど、刺激を和らげる様にしましょう。

それでも出来てしまったニキビはの対処法は、まずボディ用のピーリングソープを使用する事。

古い角質を柔らかくし、落として新陳代謝を促します。

お風呂上がりは、ボディ用化粧品での保湿を。

なかなかケアしにくい所ですが、保湿をする事で、黒ずみなども減り、綺麗なお肌になるんですよ。