大人ニキビを作る主な原因

大人ニキビを作る原因に多いのは、過度のストレスと、生活習慣の乱れです。

他にも、

  • 生理前後にできやすくなる
  • 糖分や脂質の多い食事が多い
  • 間違ったスキンケア法をしている
  • 睡眠不足である

上記の様な原因も、大人ニキビを作る要素になっています。

まず、ニキビの原因は毛穴に汚れが詰まる事で雑菌が繁殖し、炎症を起こしてしまう事です。

思春期ニキビでは、過剰な皮脂が毛穴を塞ぐ事が、ニキビの原因とされています。

しかし大人ニキビの場合、肌の角化で硬くなった肌が、毛穴を詰まらせ、そこから大人ニキビへと導いてしまうのです。

そして、肌の角化には、様々な原因があります。

元々の乾燥肌だったり、不規則な生活で、肌のターンオーバーが上手く行われていなかったり。

間違ったスキンケア法で、肌を傷つけていたり…、睡眠不足も、お肌の健康を考えたら、大敵ですね。

大人ニキビの原因は、個人によっても、大きな差があるのです。

そして、大人ニキビは、顔のどの部分に出来るかにより、原因もケア法も変わって来るんです。

次は、大人ニキビが出来た位置によって判断出来る、ニキビの原因について、説明して行きます。

ニキビの出来る位置によって原因は異なる

大人ニキビは、主に口元やあご周りなど、皮脂が少ない場所に出来やすい傾向にあります。

実はこの大人ニキビ、出来る場所によっても原因が違ってくるのです。

例えば、あごなどのフェイスラインに出来るニキビは、生理前や食生活など体のバランスが崩れると現れます。

頬など、乾燥してる場所にも出来やすいのですが、大人ニキビの場合は、男性ホルモンが影響している事もあります。

生え際や眉間、こめかみなども、大人ニキビの発生スポットです。

こちらは洗顔料やシャンプーなどの洗い残しや、髪の毛の刺激などによる肌の硬化が原因なのです。

普段と変わらない生活やスキンケアを行なっていても、ストレスや睡眠不足が重なれば大人ニキビとして、肌に現れます。

思春期のニキビと違い、大人ニキビは、日々の生活の乱れを教えてくれる、大切なサインなのです。

大人ニキビが出来てしまっても悲観せず、まずは自分の生活態度や食生活を見直す様にしてみましょう!